2024.5.19(日) ブロードウェイ・ミュージカル ハネムーン・イン・ベガス@ SkyシアターMBS

I love Betsy!の、ジャックの首かしげ
見られた♡
今日はぶりっ子〜!
みたいな感じじゃなくて、
あくまで曲の流れで
自然に首かしげている様に見えたな。


演者さんが初めて出てくる時
拍手を意識しながら見る!
を、ひとつの目標にしてて、
ジャック、ベッツィ、
バディ、マヒの登場シーンには
ちゃんと拍手で出迎えられた👏✨


トニーとサンドは
バディの歌唱を聴いている設定で、
ぬるっと登場するので、
ちょっと難しかった😂


石井千賀さんのキャラクターが
ずっと素敵で、
目で追いかけちゃいました。


中でも「I love Betsy!」の中で、
ジャックが積荷の台車に乗って、
「もう、デートして5年経つ
 まだ振られていないことが
 奇跡のよう!」
と、ジャックの話(歌)を
台車を誘導しながら
うんうんって表情豊かに
聞いてあげてるシーンがとっても好き。


ジャックとベッツィがハグするところ、
ここまで見た演出だと、
ベッツィが胸に飛び込んできてびっくり!
という表情のことが多かったんだけど、
今日はしっくり安心したような、
非常に穏やかな表情だった。


ママのベットに飛び乗るシーンは
片足のりで、残念尻見えず。笑
地味に楽しみにしてたパートだったので、
今日下手の席だったので、尻見えないな?
って思ってたくらいだった笑。


どこか遠くを聞いている最中、
泣き出したジャックの鼻水、、、
じゃなくて、
涙が鼻の下についてだけど(かわいい)
その顔で、
今からラスベガスに行こう!!!
ラスベガスへの深夜便は無いわ!!!
じゃあ、明日の朝、5時か6時に!
って言ってたけど…
ここのシーン、具体的な時間って
前から言ってたっけ?⁇
言ってたら、こないだ時間の流れで
考察してた部分に、
入れ込んでたはずなんだけどな🤔


「僕を助けて」のシーン、
これまでにないくらい、
すごく、間を持って
ジャックがセリフを言うようになっていて
より、思いが重くずっしりと
聞こえる演技になってた。


ベッツィがしごできだな、
と思うのはジャックが脱いだ
ジャケットをちゃんとピックアップして
ジャックの手を引いて履けていくところ。
このシーンの気持ち踊る2人が
走り去る感じが、
2人の可憐さも相まって、
妖精さんの戯れみたいで
大好きだったなぁ…。


皆さんの考察を読んでいたら、
ベッツィ姉さん女房説あって、
なるほど、もうしょうがないな!
と思いながら、
ジャックをポーカーに向かわせる
その余裕とかは、そうかも!
と思わせるよね。


さて、場面はラスベガスのミラノホテル。
「ここはベガス!」のラスト、
トランペットの方が
ハイトーンが決まって、
ガッツポーズしてたのが
微笑ましくて笑ってしまった。


フィナーレで、トロンボーンのソロが
バチクソかっこよく決まってたのも、
ラッパさんがめちゃめちゃ拳突き上げて
盛り上がってた、ふふふ。


ギターも、こちらもフィナーレで、
ボルテージ振り切ってたのか、
立ち上がった拍子にか
肩紐ベローンってなってた。


話はストーリーに戻って
ホテルの部屋についてからの
【ためらってるとこ見せちゃおっかなー】の
フレンチキッスのこのシーン。
ベッツィが座っているところに、
キッスしに行くので、2階席からの
観劇が多かったわたしは、
フリだけかな?
と、ずっと思って見てました。
でも、今日1階からみたら
ちゃんとチューしてて、
なんならチュって、リップ音してた😘


そして、ベッツィのおててへチューは、
ポーカーへ行くことを、
結婚前にお互いそれぞれの時間をすごそうと、
いかにもそれらしくw
上手く説得できた☺️
って、いかにも自分自身に満足してる風の
(ちゃんと照れてない、役者の)チューでした😘
4/19の、照れた顔はなんだったんだよ、
ほんと可愛すぎた涙!!


ところで、
東京の自分の観劇の最後の回で、
あれ、私、テイフトゥが好き
って気づいてしまってw
そしたら、今日は、
堀江慎也さんばっかり双眼鏡で
ロックオンして見てしまった🤗
ポーカー卓のシーンとベッツィソロの
【結婚するの】で踊ってる
ブティックのドアマン姿が
めちゃめちゃカッコ良すぎて、
ジャックの様子も見たいし、
目が足りなかった😂


そういえば、
このシーンで腕をまくるんだけど、
今日は腕まくりが控えめだったのね?
勝手に、腕のムダ毛気になったんかな笑?と妄想してしまった😆


実は、この後の、
ベッツィとトニーの
引き合わせのシーンで着てた
ネイビー✖️白✖️赤の
ボーダーの半袖ポロ、
バディにスーーーーはっ!
って両腕を上げさせられる時、
東京の時は脇のオケケが
チロチロ見えてたのに、
全然見えなくなってた………w
さては整理したな………。


話は戻って、借金が返せないなら、
お前の内蔵を売れ!
の歌の中で、引きずり出された
内臓をもぎ取り返して、
自分のお腹にしまう仕草を
してみせたジャックに
思わずマスクの中で
「もどすんかいw」と
突っ込んでしまった。


負けたポーカーの後、
取り決めがまとまった合図のように
手を出して握手を求めるシーンで、
ジャックは手を取らせなくて
最後トニーが無理やり握手。して暗転。


千秋楽では白いポーカー卓の椅子を
トニーが芝居の流れで蹴り飛ばしてて、
若干ながら、否紳士感出てたな、
と思ったら、
引き合わせのシーンでも、
めっちゃ舌打ちしてて😂ギャング風w
トニーとベッツィの間の席にスンって
座ったジャックに向かって【チッ】
ってしてた笑。


会話に入れないジャックが、
ベッツィの背後に二人羽織みたいに
あまりに近い距離でくっついてるのに、
会場から笑いが湧いてたの面白かった笑。
咥えた指、ワナワナと口の中で動いてて、
エロいからやめてw
と、こちらがワナワナする結末w


今日の、すぐ動けの
サファイアとのダンスでは、
控えめに、でも、やっぱりちょっと
デレデレしてんのよw
ベッツィが投げつけてきた、
ウエディングドレスを
雑にタクシーに乗せる
(ただ放りなげてるw)とことか
ちょっと雑ないのおくん出てて、
ニヤニヤしちゃう。


飛行機を、追いかけて悲壮感漂う
ベッツィーーーー!で、第2幕へ。


ジャックがパリピに囲まれる
飛行機の中のシーン、
堀部佑介さんのインスタで、
ドリトスは食べてない
って書いてあったので、
その手の動きをみてたんですけど、
どうみたって本物を食べてるみたい!
と思って見てました。


スナック菓子食べてる時の
手のベタベタと、お塩つくのが心底嫌で、
ジャックが肩で拭かれるのも
心底嫌そうな顔してるの、
わかるわかるって思いながら見てた。
CAさんから投げられたお菓子は
ナイスキャッチ!


ハワイにやっと到着したジャックが、
テイフトゥにリピートアフターミーさせられて、
アオレピリキア?って答えるシーンで
あ、俺プリキュアが蘇ってきて
吹き出しそうになったりするなど。
千秋楽でのジャックとテイフトゥの
イチャコラは控え気味でした🤭


最後の条件反射🥹と思いながら、
マヒのモエモエソング聴いてました笑。
車のキーを床に落とされて、
それを口で拾おうとしたのか
顔で覆い被さるけど、
マヒちゃんに捕まって、
モエモエしましょう?
って追われながら、ノーモエモエー!
って答えてて笑。
車に磔にされて暗転するの
何回見ても面白いなー!


あなたマヒに気がない!のシーンは
私の中で勝手に
白い砂浜で眠りこけてしまった
ジャックを毎回妄想してます。


マヒの足の下の手の収まりどころに
そこぉ???
って思いながらつっこんでる。
マヒに気がない人は
あそこに手を置かないんじゃないかな笑。
多分ラッキースケベを狙ってて、
が、しかし、それより
眠いが勝ってんだろうなと予想w


今日のマヒちゃんのアドリブは、
3択方式でどうして私がジャックを
落胆した母たちの庭に
連れて行きたいのか?を問うもの笑


クイズの選択肢③が、
ベッツィが好きだから、
っていう項目だったんだけど、
カテコの時に
【マヒはベッツィが大好きで
ずっと狙ってた!】って叫んでてw
この回答の伏線回収してた笑
パーフェクトな人を聞くのも
最後なのかぁ、と思うと少し、
目頭熱くなる思いでした。


イカレポンチ!
のジャックのシー!は
眉間に皺寄せてたかんじで、
かわいくじゃなくて、
マヒに心底、ひやひやして、
やめさせたかった感じだった。


エアポートソングの
アラ〜〜〜〜〜〜スカ!!!!は
昨日は、通常より尺とった
響き渡るロングトーン
聴かせてくださいました🥰
それを目を白黒させて
聴いていたジャック。
もう息苦しい、息苦しい!
みたいな感じで、
目をぐるぐるさせてる。


お友達が昨日の公演でレポしててくれた、次の直行便はいつ?
木曜日です。
のやり取りが、ミュージカル風
って言ってたやつ、
見守ることができた👀✨
(今日はあまり胸揉んでなかったねw)
今夜、ベガスにつけないの?!と
今にも、空港スタッフに飛びかかりそうな
ジャックのデニムのベルト通しを掴んで
引っ張り止めるマヒちゃん笑


そして運命のフライングエルヴィスども
との出会い♡笑。
最後のハイヤーラブも、
グッときてしまったなあぁ。
ここ数日、腰の回し方についてのレポが
たくさん出回っていて、ふふふ、
このことだったのか、と答え合わせ笑。


先日、レポ漁ってて読んだ、
ベッツィがトニーにビンタ食らわした
のを見て、フィアンセと紹介されて
プンスコだったクランベリージュースの
お姉さんがエレベーターから主導して
ベッツィを逃してあげるシーン。
なるほど!ってなった。


後半(大阪から?)加わった、
黄色赤黄色ベッツィ?ベッツィ?(いじいじ)
が見られてよかったです、
ちょっとさ、あのいじいじする指が
えちえちなのよ!
赤と黄色のカラビナ欲しいな………w
グッズにすればよかったのに。


フライングエルヴィス隊で
ジャックが地上に降り立つ時、
なんで、あんなにぶりっこに
降り立つんだろ笑。
まるで浴衣の袖を
見せびらかすみたいに笑。


膝痛い、のシーンで
ちょっと私が泣きすぎてて、
いのおくんも泣いてる?って思ったけど、
いや違う私が泣いてるだけだwww
ってなった笑。
でも、やっぱり涙ぐんでたかな
いのおくん?笑
みなさんどう感じた?


アンサンブルの皆さんの
まるでホワラのハート、
今日やっと見られた笑。


階段を登るマヒの手を
ロイがひいてるのを見て、
ここ、カップルになればいいのに🥰と
思っていたら、
昨日の青野さんのインスタライブで
そういう裏設定があった
という言及があったみたいで、
わーい!ってなった。


フィナーレで、もう、
ボロボロに泣いてしまってたんだけど
私より隣の人の方が(見知らぬお嬢さん)
号泣してたから、
恥ずかしさ半分でした笑。


カテコの階段前で
ジャックがベッツィに差し出した手を
一回引っ込めようとしてて、
ジャックったら、もう!って
ベッツィの声が聞こえた気がした。


カテコのジャックとベッツィのハグの後、
ベッツィ見送って、
ジャックソロのお辞儀が
すごく丁寧で、ながーくて、
ありがとうの気持ちがすごく伝わった🥰
ジャックからベッツィにハグ求める感じ、
良かったなぁ🥹
いのおくん、ゲネの記者会見では、
ファンの呪いが、なんて口走ってたけど、
ハグを求めた瞬間、一瞬、
ベッツィには躊躇いが見えた気がしたけど、
ジャックは大きな器で
おいでーってしてて、なんなら、
ファンの呪いさえも抱き止めるような
迷いのなさに、伊野尾慧さんの男気を感じた🥲
だから、大好きなんだ…。
(なんか、勝手に、いのおファンには
このハグを否定する人なんて
いないんだろうなって思えたし、
いのおくんもそう思ったに違いない
って思っちゃった。)


再度カテコででてきて、
下手に捌ける時のお辞儀は
背中で合わせた手の親指を
人差し指にコスコスしてるのが
また見えた😊


トリプルカテコでは、
座長が出演者一人一人に話を
聞いていくスタイル笑。
マヒちゃんのベッツィ狙ってた宣言は
ここで飛び出してる笑。


小柳友さんを、サンドイッチ!
って軽く呼ぶ感じ、仲良しで
すごいよかった🥰
慧くんに出会えてよかったって🥹
インスタライブでも、
努力の人って言われてて、うっうっ🥹


そういえば、インスタライブで、
ねえ、みて?って、
ヒルが画面に出てきた瞬間、
自演…って、言葉が出てしまったw
ありゆと、疑ってごめんよ…w


トリプルカテコで、岸さんからは、
もし、もう慧くんがもう
ミュージカルやらないって言ったら、
彼を恨んでくださいとのこと笑。


そして岸さんからは
スウィングの2人への
感謝の言葉がありました。
実は恥ずかしながら、
スウィングというシステムを
存じ上げなかったのだけど、
安心して長期間の公演を乗り切れるのは
彼らが支えてくれてるからなんだね☺️


トニーって、岸さんが演じてるので
キュートなおじさんが成立してるけど、
ずっと冷静な判断ができないくらいに
動揺しているジャックに
【彼は君の外見に執着している】
って分析されてて、
Ohー,セカンドチャンス!とか言って
悦に入ってベッツィとの出会いを
喜んでることはフツーにキモいw


そして友人と、ジャックの良さは、
顔面第一だけど、
お相手のこと大好き!!!
って、いう気持ちと、
素直にラスベガスに行って結婚しよう!
っていう、言動具現化の瞬発力
(現状把握力はちとにぶいがw)と
火事場の行動力はいいとこだよね、
ジャック大好き😘
(ダメ男ホイホイの自分w)
なんて話をしたり。


今日、4/11(3公演目)と
上下入れ替わるような座席で
入ったんだけど、劇場の構造的には
ブリリアと同じ2階の屋根が
覆い被さる感じのSkyシアター。
左右の壁に鉄骨組んで
スピーカー増やされてて
(下手の階段、コードが養生なしで
転がってたw)、
劇場に対しての出力のバランスが
取れてて、歌詞がよく聞き取れた。
これも、よきカンパニーのお仕事
だと感じました。


とにかく、約2ヶ月間、
39公演分の7でしたが、
様々な感情をありがとう😊
うまい言葉も、伝えたい気持ちも
誰かに響く気持ちを残せなくて
少しもどかしいですが。
また、ミュージカル、見られるといいな!

2024.4.23(火) ブロードウェイ・ミュージカル ハネムーン・イン・ベガス@池袋東京建物ブリリアホール

私的千秋楽〜!
今日のステージで一番気になったのは、
演技かわからんけど、
何度も口元を(よだれ???w)
拭ってる様子が見えたwww


ママのベッドのシーンで、
ネクタイ引っ張られた時に
可愛い声あげて「やめてよおおぉ😭」
ってなってた…かわいい涙!


ラスベガスに今行こう!
って公園でベッツィに告げた後、
カッパタイム。
今日カッパたくさんいた。
とにかくたくさん(笑)


痛いの痛いの飛んでいけー!
のところは、ベッツィが言い出した時から
すでにニコニコ笑ってて、
スイートに「かわいい〜♡」と言う感じ。
手の甲のキッスもする前からずっと笑顔で
ニコニコしてて、このカップル………
かわいすぎないか???ってなってた。


やっと、どうして毎度
ジャックとコーマンのハンドが
ストレートフラッシュになるんだろ?
って、ジョニーの手元見てたら、
配るカードじゃなくて、
引くカードを細工しているものと
入れ替えてる!
しかも、レーシックの人が水をこぼして
ジャックが気を取られてる隙に…!
当たり前だけど
(自分の息子と嫁を仕込むくらいだから)
あのポーカー参加者も仕込みなのか!w


ポーカーに負けて、
ベッツィになんて言えば…
のところ、
ずっとトミーは紳士と思ってたけど、
今日はシャツの首を引っ張って
少し手荒に扱ってから、座って。
って促されたジャックの声が
震えんばかりになってたの、
かわいい…(結局かわいい)


こんなふうに、
東京公演も折り返し
ということもあってか、
演出違うところが
いくつか見られたなーと。


サファイア・ラ・ドゥールのところ、
昨日は、鼻押さえて鼻血〜だったけど、
今日はキモオタみたいに
サイドの髪の毛を
何度もいじってる芝居笑。


空港まで
のタクシー止める口笛吹いた後、
今日の前髪ひと束、
ずっと顔にかかってて、
うざったそうに何回もそれを
跳ね上げる仕草が見えた。カッコよ。


1幕ラストのベッツィー!!
飛行機に向かって叫ぶシーンは
一人百面相。笑



飛行機のシートのシーン。
スナック菓子を勧められても、ノオ!
みたいな感じで、
オーバーリアクションで返してる。
肩で、スナック菓子の油ふかれて、
大概不満そう。


ティフトゥに、水をくれ!
って言ったらすわって。
って優しく促されてすわって
ティフトゥに寄りかかると
曲に合わせて右左に軽く体を揺らす感じ、
めっちゃ笑顔で、え?
付き合った?って感じ笑。


マヒにモエモエしよー(横になろうの意味)
って言われて、
ノーモエモエ!!!って答えた後、
よだれ垂らしそうになったのか、
しきりに手で口周りを拭いてたよwww
お口がお留守wwww


今日のマヒちゃんのアドリブは、シー!
って言って耳を澄ますようにして、
シーンとなった会場を感じて
「めっちゃ気持ちいい!」っていったら、
ジャックはそれまでたらこ唇して
様子を伺いながらも
「カウアイ島だもんな?」と
優しくお返事☺️


エアポートソングで
アトランタには行きたくない!
とか、次の飛行機の行き先は?
ドキドキみたいな感じで聞いてる時に、
ジャック、マヒちゃんの肩を
肘置きにしてたんだけど、
それ、有岡くんとか知念くんに
やるやつやん…!


エルヴィスたちに
飛行機に乗せて欲しい
と懇願するシーンで、
エルヴィスたちが回答を焦らすので、
その間マヒちゃんがどうか搭乗させて、
と言わんばかりに手でジャックをこちら!
ってしてて、やったー!
って見送り出してもらってた。


先に引っ張るのは黄色?それとも赤?
彼は君をからかったんだよ、
からかったんだよ、ふーーー!
下を見るな〜!のシーン笑。


黄色ぉ?赤ぁ?黄色ぉ?
このフレーズを2回繰り返して
本当に必死そうにアピールしているのが
本当に可愛かった。


今日の前半、いのおくん、
めちゃめちゃ集中してて
すごく良かったけど、
後半、集中途切れの合図(笑)の、
鼻を触る様子がめっちゃ見て取れて、
カテコの時にはもうオフっててわろた。


ロイが
「結婚式(牧師?)の資格もってます!」って
挙手していたこと、
ここまでの観劇で気づかなかった!


この結婚式は好きなシーンの一つで、
「新郎、ジャック誓うかーーー?」
「新婦?(ジャックに名前を聞いている)」
「(ジャックが答える)ベッツィ!!!」
「OK!ベッツィ誓うか???」
「(ベッツィ)YES! YES!YES!YES!」
の流れがすごい好き。


ベッツィに手を引かれて階段登るの、
どっちが新婦なんよwwww
先週の金曜日の、カテコでの一幕
「さよならしましょうね〜」の
余韻を引きずっていて、
今日はなにか起こるかな?と
見守っていた階段のぼりは、
なにか、私語を話しているかのよう?
自然な感じで会話して
いつもどおりにベッツィを見送り、
ひな壇頂上でご挨拶。


私の観劇はこれで終わるけど、
まだまだ続く
後半大阪の公演、
ハコが変わると演出も
まだ変化することも
あるかもしれないけれど、
それが舞台の良いところ。


毎日少しづつ違ってそれがいい。
その日に観劇した人にとって
最高の一日となりますように。

2024.4.22(月) ブロードウェイ・ミュージカル ハネムーン・イン・ベガス@池袋東京建物ブリリアホール

ほんとは、冒頭、ピンスポでいのおくんに光が当たった瞬間に
拍手したいし、ベッツィの
ジャジャーンって出てきた時拍手したい。
そんなふうに思っていたことが
翌日、4/23のソワレ公演でパラパラッといった感じだったけど、
拍手が湧いたの嬉しかったな…!


本当に今更なんだけど、
冒頭、雨降っている演出だから、
海外の人って傘をささず、新聞で、
雨を避けていたんだね。
さて、数日前に見た首こてんは、
I LOVE Batsy!の
ベッツィとのダンスの最中、
ベルみたいな鳴り音の合図に合わせて、
首でリズム取るフリのこれじゃん!
って気づいた。


踊っている弾みで
ベッツィが胸に飛び込んできて
思わずハグ!びっくり!
みたいなお顔、
めちゃかわいいよね…♥
そのすぐあとだったと思うので、
これから観劇の方は要チェックです。
首こてん♡


痛いの痛いの飛んでいけー!
………かわいい(ぽそっと呟く)
(溜めすぎで、ベッツィ吹き出す)
という仕様。
ベッツィとの、掛け合いのシーンで、
可変のところって主にここしか無いから、
あんなふうにふきだしちゃうベッツィは
可愛くて可愛かった♡


「どこか遠く」で
ジャック、ボロッボロ泣き始めて…
びっくりした。
涙が頬を伝うんじゃなくて、
顎からボロボロ落ちるのw
ベッツィの歌聴きながら、
全然、瞬きしてないな〜?
とは思ってたけど、
今夜、ラスベガスに行って結婚しよう。
のタイミングで、
ボロボロボロって。なんて、策士!(違うw)


このあとのコーマンパートで、
コーマンの亡くなった奥さんを
演じる松田さん、
皮膚がんの宣告を受けて、
医者にも手遅れと言われ…
ステージから履ける時、
白目向いてる芝居してて、
双眼鏡覗いてて
思わずクスっとしてしまった。
笑っちゃ、不謹慎なシーンだけど。


ベッツィって生真面目人間
みたいなところがあると思うので、
こういうささやかなところで
ちゃんとコメディしていると
バランス取れて御本人も楽しそうだよね。


コーマンに見初められた直後、
部屋に行くのに、エレベーターでの
イチャイチャがかわいい。
この日は残念ながら、
部屋での手の甲にチューのとき、
お顔が見えなかったんだよね。


さて、カッパタイムのお時間ですよ。
ストレートフラッシュ、君のハンドは?で
全部のカードをテーブルに出し切って、
カッパーーー!!!wかわゆ!!!


ところで、コーマンに飢えて死ぬかーで
捕まえられた時に、
ほっぺ(というか、口元)に
グロスついてたのか一部分が、
テカテカ反射してたw


サファイア・ド・ラ・トゥールのところ、
鼻血出しちゃいそう?
のフリなのか
ずっと、鼻を押さえてたけど、
ジャック大丈夫?w


空港まで!の口笛の時に、
今日一段とおでこ出てたこともあって
前髪がファッサー
ってなったのが邪魔だったのか、
頭振って、髪を直してる仕草が
カッコよだった!


2部だよ!


昨日、英語ウィキの
honeymoon in Vegas
の項目を読んだんだけど、
全然ここまで意識して見てなかったけど、
ベッツィはお酒が強くない
と自称していて、
お酒に酔っていたから
結婚しましょう!って言っちゃった。
みたいな解釈で、
ああ、そうか。って簡単に腑に落ちた。


今日のマヒちゃん。
レディースアンドジェントルマーン!
(英語で多分、
落胆した母たちの庭をご紹介しまーす!
みたいなニュアンスで言った後)
拍手巻き起こって、
セリフ言い始めたら噛んじゃって、
客席から(多分男の人)エールが上がって、
それにありがとう(キリッ)と答えて、
ジャックも応援する中、再開w


落胆する母たちの庭で
マヒが、ビーのことを彼女イカれてるわ!
みたいなことを言った時、
(怒らせると怖いから)
ジャックがシーー!
って言うのかわいい。
雷落ちるシーンで、マヒちゃん、
ジャックの頭、守ってあげてるの優しい…
強い、カッコよ。


空飛ぶエルヴィスたちに、
飛行機に乗せてください!って
懇願すると、ものすごい焦らされて笑
そのあいだ、どっち?どっち?
ってそわそわしてる
マヒちゃんとジャックが可愛い。


ふふ、今日、
劇場結構な湿気だったんだけど、
ママがカテコで持ってきてくれた
キラキラがいのおくんの手汗に
べっちょりくっついてんのまじウケた。


そして、帰りしなに後ろの人が
おそらく他担さんだと思うんだけど、 
「ずっと伊野尾じゃん」
(素のキャラクターから
遠くないという意味かな?)
って言っててまじそれな!
と思って、私は一人で観劇していたけど、
帰り道、ずっとそれで笑えました。

2024.4.19(金) ブロードウェイ・ミュージカル ハネムーン・イン・ベガス@池袋東京建物ブリリアホール

今日の公演は、後半に向かって
どんどん良くなっていくように感じました。
歌詞の間違えとか、アドリブの噛み合わなさとかも
あったけど、何よりも…
個人的に、座席がここまでで唯一、
前の人の頭が邪魔で、ステージの下手側の
視界が遮られるという事態が発生していて、
(本公演観劇史上最後列のチケット番号でした)
結構テンションが下がっていたというのもあったり…。


ただ、今日のフィナーレとカーテンコール見られただけで、
すべてが吹っ飛んだ!という感じでした。


もーーー。かっぱ、かわいい!
今日もフィナーレのダンサーベッツィとの
チューのシーンで出てきやがった😂
かわいいーーー‼︎


カテコでは、こないだXのレポで見かけた、
小柳さんの手を離したがらない慧も
昨日のソワレに続き、見えて、
これが…みたいにまたネッシー見つけたみたくなってた。
ママが胸元から出す銀テの花吹雪を
ジャクべツィにふわーっとふりかけて祝福してくれる。


早替えで、タキシード着て出てきたら、
頭のてっぺんの毛が立ってて、
カーテンコールで、松田さんが頭を撫でて
直してあげてて、本当にきゃわーいいー!


「見てくれてありがとう。」の
いのおくんの言い方が好きだよ。。。
ジャクべツィせっせっせーのよいよいよいもやってたな笑。
なんかテンション上がってたのかな笑


おまけにまだまだかわいいは続いて、
うわーん。かわゆい。かわゆい。かわゆいよー。
ダブルカテコで手を取って階段上がる時、
ジャックがベッツィに「ほらバイバイするよ。」
って言ってる口元が見えた、ぐうかわ。


最後、ベッツィ送り出してからのお顔が
穏やかでかわいい散らかしまくりでやばかった…



昨日、ソワレだけの公演入って
なおさら思ったけど、
マチソワある日のほうが、
のどのあったまりが良いのか、
のびのびみんな歌えてる印象だった。


私が見た4回のうちで
全体通して歌声のバランスが良く感じたのは、
16のソワレでした。
個人個人のコンディションもあるとは思うけど。



ママのベットには足をそろえて、
両足で飛び乗る系。
お尻がキュッと客席に向いて、
小さい尻で、かわいい…。
と結局なるw


今日の公演での、
ベッツィ「いたいのいたいの飛んでけー!」の
ジャックの返答「かわいい」は、
ぽそっという系でした。
(ここまで数回は、どす聞かせた
「かわいい」が続いていたw)


ベッツィというか、
松田るかちゃんの公園でのソロパート、
歌詞が1単語飛んだんだけど、
その後の拍をハミングで飲み込んで
次の歌詞の辻褄合わせてたの、
ステージの歴があると
こういうこともできるんだ…
って目から鱗だった…


公園でのプロポーズのシーン、
左の太もも、濡れてたんだけどw
涙かな?w手汗かなwww?
多分泣いていたんだと思うんだけど、
青い布地だから、濡れシミが目立つこと。


1幕後半、左耳に少しサイドの髪がかかってみえて、
私の好きな、いのおくんの、
耳たぶの窪みが見えて、、、耳まで可愛すぎる。
(知ってる、自分はもう、やばい人の域だってw)


ポーカーの招待状をもらったジャックが、
ベッツィを説き伏せて、いたずらっ子っぽく
手の甲にキッスするシーン、
照れないでよ、見てるこっちが照れるわwwww
こういうところにいのおくんが見え隠れするの
ほんとずるい。


再びかっぱが登場したのは、
やっぱりコーマンとのシーン。
岸さんのこと好きなのかな、いのおくん…w?
あたまポンポンとかしてくれるから。
怖いけど、優しく「座って?」って言ってくれるから、
好きなのかな!w


「トミーの提案」の中で、
飢えて死にたいか?のところ、
ずいぶん間を取ってて、長い間、
バックハグされていたんだけど(笑)


今日、ハープがマジック然と、
目隠しした布から突然あらわれる
イリュージョンの仕掛け穴と、
スカイダイビングの飛び込む穴が一緒だな。
って気づいた(笑)


席が、一段上がると気づくことが増える(のか?)、
ジャックの首の後ろにマイクのケーブルが見えた。
さすがにシャツもの着ていることが多いので
これは初めて見えたやw


マヒの誘惑のシーン、
ここまで気づかなかったんだけど、
ジャック何度もベルト外そうとしてて、
めちゃめちゃ戦ってたんだな、理性とw


マヒとのアドリブシーンは、
「私の入場曲歌って。「ああああーあああー」ってやつ」
って言われて、恥ずかしがって???歌えないジャック。
(そもそもどの歌うたえばいいのかピンときてなかったっぽい)
笑ってはぐらかしながら、話が止まっちゃって、
さあ、行こう!とジャックは連れて行かれてしまった笑
ちょっとやりすぎかな?
って思ってくるようになってしまった。
カンパニーが仲が良いのは伝わるけれど、
引き締めてほしいなって思っちゃうなぁ。


一個、わー、素敵!と思ったことは、
今日、Overtureの客席の拍手の鳴り始まりが、
オケの演奏とほぼ同時だったこと。
観劇の猛者が集まっていたのかしら…。


ただ、ここまでで一番空席が目立つ公演でした。
プレイガイドのチケット引き換え期限は
公演日翌日なので、キャンセル扱いにならないんだなと
想像ができます。
なんだかそれは勿体無いなぁ。
Xで未発見のまま譲渡できなかった
という方も見かけたし。
そもそも、当日券で入れる人っているのかなぁ…。
カラフト伯父さんで整理番号が
ずいぶん後ろだったにも関わらず、
土曜日のマチネの公演に入れた
あの頃と会場規模も状況も違うけど、
今週の土日月の公演でちょっと
試してみたいと思います!

2024.4.18(木) ブロードウェイ・ミュージカル ハネムーン・イン・ベガス@池袋東京建物ブリリアホール

今週は、火・木・金での観劇。
平日の仕事のくたびれた体を引きずって
池袋に向かってるけど、会場から出てくる頃には
ピンピンしてるから、
とんでもないエネルギーもらってるなー、いのおくんに。


そんなことを思いながら、
今週2度目の鑑賞。


鑑賞3回目でやっと気づいたんだけど、
ジョニーは後半、
ジャックを応援してるんだね。
不適切発言と言い、
エレベーターの数字に弱いんだぁぁぁも。
キミノミカタじゃなくて、キミモミカタなのな。


途中、自分の身にトラブルが。
1幕後半で雨が降り始めたことが
体調不良をもってわかる…。
まじでこの体質、この特殊能力いらん!‼︎


11日公演を見にこの地池袋に立った時、
ホール前の広場の桜がまだ咲いていたのに、
今日広場に目を向けると青々とした
新緑がすでに茂っており、
この美しい季節の移り変わりの時期に、
かけがえない「ジャック」という
宝物を見守ることができて
本当に幸せだな。
っていう気持ちを抱えて、
鑑賞してました。


観劇の翌日、ふと、突然、
大ちゃんのパピブの
【KISS YOU】を思い出して、
ああ、jumping carnivalが
楽しかったのって、
ミュージカルみたいで、
場面場面が切り替わっていって、
ずっと楽しいからだったんだな、
とふと思ったことが有りました。
(大ちゃん、いのおくんのミュージカル
見にきてくれるかなぁ?)


この日は過去2回の鑑賞で
はてなマークが浮かんでいる部分を
整理しながら、
全体の流れの確認をしていました。


Overture〜「I LOVE Batsy」
稲妻がこの激動の数日の幕開け合図。
職場から直行してきたので、
新聞を手に舞い踊るジャック。
午後のアポ、全部ぶん投げてきた、と笑。
このあと、コーマンから週末を過ごさせてほしいと
提案があるので、遡ると、この時点は、
おそらく木曜日の昼下がりなんだろうな、と想像。


ティファニーのお店に入る演出が、
すごいスマートで好き。
同じステージの上で、Uターンして
そこからは店内という設定が見える。


僕の…僕たちに見せてくれるかな!
と威勢よく指輪を買おうとしたら、
ショーケースの中から
ママの亡霊が!!!(笑)


「結婚しないで」
今日の、ママのベッドに飛び乗りは
片足だけ。
こういうパターンもあるんだ!


(リングは買えなかったけど)
指輪を買う直前まで行ったことを
褒めてもらいたそうな
「ねぇベッツィ、直前までいったよ?」って
懇願するように言うジャックが可愛すぎて、
なんなら、ベッツィもジャック生んだと思ってない?w
「それじゃぁ、だめなのよ」って
苦しそうに気持ちを吐き出し始める
ベッツィ。


「どこか遠く」
公園のベンチにうなだれるように
座り込むジャック。
(周辺の暗さから、夜かな?)


街中で幸せそうな家族連れを見たり、
ふるさとを思うと、
自分の幸せ(結婚)はまだ遠く。
でも、このままでは、
あなたとの別れを選ぶことになる。
そうなってはもう遅い…。
この街では冬がされば春が来るのに
私の春は遠く。。。
という様々な情景と自分の状況を重ね
心情を歌うと、
ジャックはそれを受け取る。


後半、落胆した母たちの庭で、
ママが「お前(ジャック)がこんなに話すのは初めてだよ」
というシーンがあるように、
実は、ベッツィもこんなふうに
ジャックに自分の気持ちをぶつけたのは
初めてだったのかな…?


指輪なしのプロポーズ。
「僕を助けて」のセリフの
理解が追いつかないんだけど…
たぶん、結婚ができれば
呪いから覚めるってことなんだよね?


翌朝の便で、ラスベガスへ向かうことに!
(金曜日の朝なのかな?)
なんでラスベガスに行くんだ?と
思っていたら、マリッジライセンスが
即日発行できるかららしい。
だからコーマンとも、
ラスベガスに戻ってくるんだね。


「ここはベガス」
6時間のフライトののち、
灼熱の44度のラスベガスに。
(時差は3時間戻る、つまり、
例えばNYを9時に立ったなら、
正午くらい?)


コーマンとジョニーが
プールに行くシーンで
外の気温の話をしていて、
そんなにラスベガスって暑いんだ。
と知る。
コーマンがバイオリンの方を
帽子であおいであげている。


「永遠が始まる」
スイートとは言えない、
とジャック曰くの部屋にはいると、
ジャックも外の気温の話をするけど、
これがコーマンと一致してなかったな?
と思ったんだけど、日本でだって、
見ている天気予報が違えば、
気温も変わるな。
と瞬間そんなことを思ったりしてた(笑)


ジャックと ベッツィは、
部屋に到着すると間も無く
甘い時を~とおもったら、
フレンチなキッス
(これほんとにしてる?フリだけ?)のあと、
まだ昼~夕方のうちから、ジャックはポーカー場へ


ポーカー場で、コーマンから、
歯科技工士さんを自己紹介してもらう前
早くも、もうイーーってして
歯を見せてるジャックがかわいい。


ストレートフラーシュ!のあとに
「シーーー」って
すまし顔するのがかわいいね。


ポーカーの試合の最中に、
デュアルモニター構成で、
浮かれた気持ちのベッツィのソロ
「結婚するの」がとても、かわいい。
なかなか、待ち合わせの場所に来ない
ジャックを思って、迷ってるのかな、、、
と不安な気持ちをのぞかせたりと、
ジャックの前では、キリッとした
学校の先生然とした凛々しい女性なのに…


このあとの、カウアイ島のプールサイドのシーンで、
「あなたを待っている」と、
歌に気持ちを乗せながら、
おそらくジャックからの電話をぶった切る感じとか
恋をしている女性の揺れ動く心の感じが
すごく良く表現されているなぁと。


待ちぼうけのベッツィ…
コーマンとベッツィの引き合わせ。
一瞬、「サファイア・ド・ラ・トゥール」にも
でれっとしているジャックの様子を見ると、
ふつーに女の子にもだらしなさそうなジャックが
どうして5年もベッツィと一緒にいられたのか
ほんとなぞw


それなのに、ベッツィがカウアイ島に行くことを決めたら
怒りすぎて、どうかしちゃってる。
と。半ば逆ギレw
情緒がめちゃめちゃなので、
行かないで!ベッツィ!
(言い方がめちゃめちゃかわいい)と
ジャックがベソかき止めても、
買ったドレスを投げつけられ
おそらくその日の夜のうちに
カウアイ島へ発ってしまうのでした。


「すぐに動け」では、
そんなメンタルヨワヨワになったジャックを
ベガスのショー音楽は、
もり立て、励ましてくれ、
勇気を得たジャックは
指笛でタクシーを呼んで「空港まで!」
こういう時にキリっとするから、
ジャックはずるいなーーー!!!(笑)


幕間


アントラクト〜ハワイ/「あなたを待っている」
(6時間のフライトの後…)プールサイドでパインを摘む。
時差は3時間戻る、なのでこれはおそらく土曜日の朝。


この時、繰り返し、ジャックが電話を入れているので、
土曜日の朝の時点でまだ、
ジャックはまだアメリカ本土にいるのかも。


皮膚がんで奥さんをなくしている
コーマンは、ベッツィにもパラソルと
日焼け止めを手渡す。
(は!このパラソルのカラーがいのあり色じゃないか?!
有岡くん、ミュージカル、見に来てくれる?と思考が流れたw)


そういえば、1幕の「永遠が始まる」の中で、
ジャックが、せっかくベガスに着たなら、
日差しを浴びてさ
(僕とは別に楽しんでよ、というニュアンスで歌っていると)
コーマンが「ほどほどに」って合いの手入れてくるの、
あのシーンが結構、不思議笑。


多分、ジャックがポーカーにやってくる
(つまり自分の計画がうまくいきそう)
やったー!といった気持ちを表して、
そこにいないはずのコーマンとの
デュエットになるんだろうけど。


話は戻って、コーマンに、フットボールを見に行こう?と。
誘いを受けて(もしかしたら、いったのかも?)
「よしいけーーーーー!」と、がなるベッツィ。
その頃、飛行機に乗っているジャックは
両サイドを愉快なパリピに囲まれて、
全然寝ることができなかった様子(笑)


CAさんにナッツ投げつけられているのは、
両隣とお仲間に思われたからなのかな(笑)
ベッツィのことを思い出して立ち上がって、止められたり(笑)
2幕のジャックもずっと可愛そうで可愛いw


土曜の午後~夕方?
コーマンの(にせ)息子嫁が到着。
ホントだったら、この辺の下りで、
実は、悪巧みで、騙しているんだよ。
というのが、客席にだけ伝わる
みたいなわかりやすい演出があると良かったな。
一瞬、自分の子供を易々とベッツィに預ける
ところなんかは、自分の子供じゃないだろうなぁ、
という予感にはつながったけど。


「ハワイは毎日が幸せ」
この頃、ジャックもカウアイ島INなのかな。
車と地図とコーマンの居場所を求めて、
空港のコンシェルジュに詰め寄っている
すると、こちらもコーマンの手の内の
テイフトゥからマヒを紹介される。
この登場曲がこの2幕で何度もリフレインされる。


2幕で出てきた時、これが観月さんにいじられていた、
リップグロスぴかぴかのいのおけいさんかぁ…
と感心してしまった。かわいい。


「フリキ・フリキ」
健康的な小麦色の肌には逆らえな〜い!
と、ジャックを誘惑するマヒ。
雑に床に下ろす(放り投げる)ジャックが好きだよw
なのに全然諦めないマヒ、
胸元から羽根のアクセサリーを出すのが
何かの暗喩だと思うんだけど、
(これ、車のキーだったよ!
そりゃジャックが早く車出してよ!って
マヒを追っかけるはずだよ笑。
最後胸元にしまってたからwww)
この解釈がまだできていない…。
猫のまたたびみたいなものかな?
その羽根を境に、ちょっと、ジャックも
その気になった風で、車とマヒの体で
ホールドされて、思わず腰に手を回してしまう…!あーーー!


みたいなところで、暗転(笑)


「運命の人」
土曜夜、ベッツィ、コーマン二人きり。
ベッツィのイブニングドレスがすごい素敵!
地元の人がウクレレを演奏している


うちの孫はもうお酒を飲む。とか
コーマンがサラサラとユーモアのつもりなのか
平気で嘘をつくから、ほんと愛せない。。。
でも確かにベッツィみたいなしっかり者は、
あれくらいほんとみたいに嘘をつかないと騙せなさそう😅



この頃、ジャックは
マヒに誘惑されてるけど、
飛行機で眠れず、休みたいと言ってて、
マヒに気がない。といわれてたけど、
しっかり膝枕くらってるくらいだから、
いたそうとはしたのかも🤔w
そしてなぜか、マヒが「わたし!あなた助ける!」
と、落胆する母たちの庭へ


今日のマヒとのアドリブシーンは、
え、落胆した母たちの庭はどこだって?
と聞き返すとマヒがしばらく黙って
ジャック、マヒの話聞いてない、マヒの話理解してる?
と拗ね出して、しどろもどろのジャックが
理解はできてないかも💦ごめん!努力する!
だから、どこだって😂?
と軌道修正しようとするいのおくんw


コーマンの嘘のせいで、
ベッツィはやけっぱちの「結婚しましょう」
君の荷造りはもう終わっている。
というくらいだから、土曜の夜にそのまま、
発ったのかな?とも思ったけれど、
ベッツィ、コーマンの二人が搭乗した飛行機の
出発まで20分前と非常にニアミスをキメたジャック。


もし、ジャック・マヒの膝枕のシーンが、
日曜朝の朝チュンだったのかも?となると、
ここの時間軸が読めない…。
日曜の朝にベッツィ、コーマンが発ったと仮定すると
後ろの流れが自然になるかも。


落胆する母たちの庭での、
「パーフェクトな人」のジャックソロ、
ベッツィへの愛が溢れている非常にいいパート。
ところで落胆した母たちの銅像
こぞって、エコバッグ持ってて、
これが、一般的な母親像なのかな?
「ここハワイ、ご利益出るまで2日くらい」
ってマヒが言ってたけど、
ご利益っていう概念もものすごい日本的だな、と
笑ってしまった。


そういえば、マヒはスマホっぽいものを
ジャックに見せて、
「もう遅い、二人は空港に向かってる!」
と言われて空港へ向かうんだけど、
ベッツィとジョニーの携帯電話はストレートタイプの
ガラケーなんだよね、あれ、懐かしいな。
アンテナ光る細工とかしてたやつwww


「エアポート・ソング」「ハイヤー・ラブ」
次のラスベガス行きは木曜日着だって?!と
他にもありますよ!と路線を説明してくれるけど
アトランタには行きたくない!アラスカはすごく寒い!
アラスカからのベガス便はありません〜。
のオチにズコーってなって…
落胆するジャックに久しぶりの良いニュース。
それはエルヴィスたちとの出会い♡


僕は文無しなんだ…というと
「僕たちは慈善団体なんだ、
お金はいらない、
人が多いほうが楽しい!」と
「ある意味でミラノホテルの
駐車場に直行する」
飛行機に乗せてもらえるという(笑)
この飛行機は日曜日の深夜0時ちょうどに
到着するという。


逆算すると、15時くらいに、ハワイを発っているのかな?


飛行機に乗って、初めて、
スカイダイビングしなくてはいけない
事実を突きつけられるが、
最初は嫌がってるのに、
空飛ぶエルヴィス隊にそそのかされて(笑)
だんだん目がガンギまっていくのに、
最後またシュンってなって無理だよぉ!ってなるの、
ほんとひーぼーみたいだなw


ベッツィ、コーマン
6時間のフライトでラスベガス着。
時差はプラス3時間。
おそらく、日曜の日中に、ミラノホテルに到着、外は41度!
飛行機のせいで少しフラフラすると、
運動すれば、シャキッとするかもしれない、と
ジムへ言ってくると、コーマンに告げ一人部屋を出ていく。
それを、ジョニーに追いかけさせる。


運動しているうちに冷静になったのかな?
ベッツィが、コーマンの部屋に戻り、
ジョニーをはずさせ、自らの考えを告げる。
「時間がほしい」
11:45に結婚式をあげよう。
とコーマンが言ってるのは、これ、23:45のこと?


さあ、行こうと腕を引かれ、
腕痛い!と、いらだち気味のベッツィ。
エレベーターの中で、コーマンの嘘が発覚し、
ショーガールの助けを得て、
コーマンとジョニーを巻くことに成功。
そして、ミラノホテルのショーでは、
間もなく空飛ぶエルヴィスが上空へ!とアナウンス。


ベッツィはドレスアップしてメイクして
ダンスの振り付けも入ってて、ほんとに転職しちゃった?w


「空飛ぶエルヴィス」
ジャック、空飛ぶエルヴィス隊の乗る
飛行機からの決死のダイブ
上手から下手に向かって、
サングラスをしたジャックに見立てた
パラシュートをつけた人形が横切る、
下手からピョコンと登場する、本物のジャック。
この切り替わりに拍手が湧き上がるのが
ほんとにジャックは愛されてるなぁって思う瞬間かも。


ひざまづき、指輪差し出し(膝いたい!w)
フィナーレの「ハネムーン・イン・ベガス」の歌唱。
ワンコーラス目はジャックからベッツィへの告白、
ツーコーラス目はベッツィからジャックへ。


タキシードへの早着替え、誓いのキス1回目。
2回目は耳の後ろに手を添えて(綺麗な指)、
ハムハムチュー。
暗転!


ところで、今日は、
コーマンにポーカー場で初めて会った時と、
ダンサー衣装のベッツィとのキスシーンの後、
いのおくんのキュートなかっぱ顔が拝めましたぜ。
かっぱ、かっぱ。


「カーテンコール」
いのおくん、めちゃくちゃ眠そう笑。
おめめとろーんすぎ。
ご挨拶してお辞儀してる時、
右手を背中後ろに当てて、
指でパチンパチンするみたいに
お辞儀の時間をカウントしてた。
その指きれいだね。


小柳さんとの手を離すのを
ものすごく名残おしそうにしてたり、
ママが胸元から出してしてきた花吹雪を
ほっぺにつけられているのを
松田さんが取ってくれたり、かわいい。


今日の、ジャックはずっとずっと可愛かったです。。。
舞台の鑑賞もあとのこり3回。

2024.4.16(火) ブロードウェイ・ミュージカル ハネムーン・イン・ベガス@池袋東京建物ブリリアホール

本日のお席は、ズレなしドセン0番、
え、私に歌われてる?
って気持ちになるから良きw


私が見た11日のソワレ、
音が‥って思ってたけど、
1階の奥だったから
音響の問題だったのかも。
2幕のハワイの波の音は
ものすごく冴えて聞こえて、
波の音ってもっと遠くから
ちょこっと聞こえてくるほうが
旅情みたいなものをそそるのに、
と少し気が散ったことを思い出しました。


一方、本日の公演は、
いのおくんの声も、めっちゃ高音のびて、
気持ちよく聞いていられたなー。
ほっぺの高いところに入ったチークが
可愛かった(照明のせいかもだけど)♪


初回見たとき、目に飛び込んできて、
ひゃっ!てなったのに忘れてた。
病院のシーンで、
ママのベットに飛び乗る時の
スーツに縮こまった
小さな尻よ‼︎かわよ😭


今日は泣き虫ジャックさん、
なりをひそめてた?


ベッツィの「どこか遠く」を
聞いていてジャックが
11日ソワレでは、
泣いているように見えたんだよね。
もしかして、手汗かも?(笑)


1幕の前半の方でいのおくんが
首こてんしてぶりっこしてたんだけど、
口から思わず、かわいいと出てしまった。
すみません、近隣にお座りの皆様🙏💦


ミラノホテルのカウンターのシーン、
初日は気づかなかったけど、
エルヴィスのそっくりさんが、
カップルの方に近づいてきて、
何かを話しかけて、
ジャックがものすごい警戒している
という芝居があった。
どうやら、他の方のレポ読んだら、
このシーンは公演が続くうちに
増えたシーンっぽい。
11日の公演ではなかったのかも。


11日の鑑賞の日、全然笑えなかった、
マヒちゃんとのアドリブシーン。
これ、地味に、
プレッシャーになってない???


いのおくん、本番一発って
そんなに得意じゃないよ。
セリフ噛んだジャックのホオを
優しく叩くマヒちゃんw
(二人は仲良しwww)


マヒ:落胆した母たちの庭
ジャック:え、どこだって?
マヒ:今数秒前に言ったのに(もう忘れたの?)(沈黙するマヒちゃん)
ジャック:え、どこだって?
マヒ:(再び沈黙)
ジャック:(苦笑)
みたいなことがありましてん笑。


マヒちゃんとの一夜は
ことをなしたのか
なしてないのか、
どっちでも取れる解釈?


って前回見たとき思ったけど、
あなたマヒに気がない(プンスコ)
ってなってるから、
いたしはしなかったんだなと、
改めて解釈したw


(回数見ていくに従って、
このシーンには様々解釈が
生まれる自分なのですが、
正直、いのおくんのラブシーンって
ほんとに見慣れていないので、
そのせいで、頭がいろいろ
正当化したいのかもしれないw
ピュアかよ)


落胆した母たちの庭について、
おふくろなんだ?!?!それと話せる…?
古代語で喋って。
「アブラダラビビデバブ」
で、ワイの字2人で決めるところ、
早く💦早く💦って
マヒちゃんに焦らされて、
全然足上がらない
いのおくんの無惨な姿にわろてしまった。


ラスベガスに戻る便はないのぉ?って、
佐々木誠さん扮する
空港のお兄さんに詰め寄るシーンで
お兄さんのお胸をめっちゃ触りよる
ジャックよ…w
ですね!すみません、
執拗に触ってまして笑💦


今日のお席、
飛行機からの決死のダイブのシーン、
穴に飛び込んだあと、
パンタロンスーツで
床を這ういのおくんが見えて、
わろてしまった。


ほんとポンコツなので
1回目見たとき気づかなかったけど、
パンタロンスーツの袖と首元と
足のスリットのところ、ピンクなのね😊

すごく似合ってる、ほんと似合ってる💙
ママがジャックのパラシュートの電気つけて、
飛ぶんだよ!って言ってダイブするの、
電気つけるあたりから「スンダダンス」を思い出して
によによしちゃう💔w

\足の長さ5メーター/


11日ソワレのエルヴィスパート、
ものすごくテンション高く
仕上がってたんだけど、
爆発エネルギーを抑えてます、
無理して、うぐぐ。
みたいな感じの飛んだり跳ねたり
のダンスだった。
(デニムに入れたシャツが出ないように?)ずっと可愛かった☺️


エルヴィスパートは何が好きって、
ずっとアイドルみたいな
ジャックが可愛いから大好き。
(早替え(パンタロン→結婚式にふさわしい衣装へ!)もあるしねw
アイドルみたいっていうのは
もちろん褒め言葉で、
ステージの上で、
MAX爆発見せ場のシーンで花を振りまき、
キラキラしてるのは、ほんと強み💪💕
まじでずっと可愛いし、なんなの。


転職したの?⁇⁇の
ドレスアップのベッツィと
ハグ→ちゅーで、
ベッツィが、ジャックに
首の後ろの回した手を、
トントンってしてたの、
母性〜って思いながら、
かわゆいかわゆいカップル♡
って目が♡になってた。


ふふふ、カテコで天使の格好したママが
胸元からキラキラの紙吹雪出して
二人に手渡してたのが目に飛び込んできて、
どこから出してんのw
と思わず突っ込んでしまったw


2回目のカテコでは、壇上の下で、
手を取るのか、取らないのか、取るの!
っていう、ちょっとしたいのおくんと松田さんのやりとりがあって
そのあと、カップルは手をとって雛壇上へ。


明日は、休演日☺️オフかなー。
どんなふうに過ごすかなー。
と思ったら、自分メンテ、
髪切りに行ってた。
今、ミュージカルはかつらなので、
NEW髪型のお披露目はインスタかな、楽しみ。


ネムーンインベガスのサントラ聴いて
舞台に入っていらっしゃる方がいらしたので、
よくよく調べて見たら、
映画版のサントラが発売されていて
(名実はエルヴィスのトリビュートみたいな感じらしい)
パンフレットにある、
曲名を見つけられなかったので、
ミュージカルの方はないのかな?
と思ったけど、
こないだ、札幌のフェスで、
セット転換中には、
出演者のリクエスト曲を流す
っていう企画をやっていて、
間違いなくいのおくんのリクエストでしょ?
というキャプションが流れてきて
「Jason Robert Brown / I Love Batsy」
と出てきたので音源はあるんだろうな、と
バックリは思っていたので、
Apple Musicで同名を
1曲だけDL購入してみました。
これだーーー!!!
聞けば、舞台を思い出せるので、
音源って素敵ですね。

2024.4.11(木) ブロードウェイ・ミュージカル ハネムーン・イン・ベガス@池袋東京建物ブリリアホール

自分的初日だったので、
あんまりギリギリに会場入るのもあれなので、
余裕を持って(仕事の外出予定と直帰をくっつけた)池袋へ。
おかげで、今日はいるために地方から着ていた友人にも会えた♡
座席について10分くらいはゆっくりできたと
思うんだけど、今、当日のポスト読み返していたら、
数分前に「だめだ…緊張して吐きそう。」って書いてたw
別に自分がステージに立つわけでもなんでもないのにw
そして終演後のポストは
「結構ちゃんとチュー😘で、
 ひゃーってなってた(ピュアかよ)w」
というwww


開演前に友人に、今日、上手側の席なんだよね。
と言ったら、あ、この表情みたいっていう顔の芝居は
上手が見やすいかも!と教えてくれていたので、
ああ!このハムハムチュッチュのことか?!と
公演中に、膝をたたきそうになりました。
それは冗談でさて、おいておいて。


いのおくんのコメディタッチな演技の幅?というか、
引き出しは、確実に出演を重ねてきた
「家政夫のミタゾノ」で培われたものだな、って思ったし、
以前、普通、ダンス(体を動かしながら)をしながら
歌をうたう行為自体が長い間訓練や練習を積まないと
できないことであると聞いたことがあって。
ものすごーーーーく頑張って、いのおくんが自信の無い歌を、
ダンスとともに歌ってくれているのを目の当たりにして、
正直また、いつもの…
【「園児のおゆうぎ会」を見ている時くらいの
 思考力と語彙を忘れた状態】になってしまってて、
「すごいよ、すごくじょうずにおどれてるよ、
 笑顔がかわいい(うるうる)…!」
という感情と思考に支配されていました、ずっとw


一方で、ベッツィ役の松田るかさんは、歌が大変お上手でした!
ただ、歌唱に全集中という気がして、
なかなか動きのある歌&演技というのは
前述のように、誰でもできることじゃないんだなぁと改めて感じて。


結果、2人芝居パートが多い1幕の
全体が【静】の印象として
私の中で成立してしまったように思います。
ただ、それは公演が2ヶ月近くもあるので、
もう少しこのあとこなれてくるのかな?とも。


それから、ミュージカルや舞台を見に行くと(コンサートもしかり)、
あ、きっと個々の部分は、俳優同士の芝居の中で
育っていったパートだろうな、くすくす。
みたいなことがあって。


まだ、この舞台も3回本番を迎えたまでだったので
そういった、遊びみたいな部分は
まだなかなか見えてこないのかなぁ、と感じました。
逆に、渾身の!みたいなシーンは
少し引いてみちゃったかな。
マヒちゃんのボケのシーンとか。


ベガスのホテルについて、コンシェルジュ
チャペルの情報を聞きに行くシーンとか、
ポーカーのテーブルについて、わちゃっとしているシーンとか、
そういうなんでもないシーンに
(メインのボーカルが歌っている最中なので、
 控えているというのもあるのかも)
アドリブ調のキャラに合った芝居が出てくると、
もう少し、全体に立体感が出るんだろうなぁと
思ったりしながら見ていました。


ちょっと流れが良くないので、閑話休題


いのおくんの衣装について。
どれも素晴らしくお似合いでした。
サックスブルーのスーツ、白✕グリーンのストライプシャツ、
 イエローのネクタイ。
②ベージュジャケット(ホテルロビー)、
 ブルーと白のギンガムチェックシャツ、
 インナーに白Tシャツ、デニムパンツ
③ネイビー✕赤✕白のストライプのポロシャツ、デニムパンツ
④空飛ぶエルヴィス、シルバーのパンタロンスーツ
⑤白いタキシード


改めて、お色直しを指折り数えると、実に5回!
いのおくん、少しおやせになったかしら…
タイト目の衣装多かったから笑。
とにかく、スーツがとてもお似合いだったわ💙
いのおくんが半袖シャツ着てるの
衣装でもあんまりないからとても新鮮。
ポロシャツから、シュッと出ている二の腕とかも、
スッキリ‥してたような気が?
そして、いのおくんの腕の毛、
ほんとになくなったわな・・・
と思いました(笑)


あと靴!お相手の方が小柄ということもあってか、
本人ヒール無い靴でも
よい身長差ぶっこいてて、
鼻血吹きそうでした。
いい。ちょうどいい身長差。
先日の、札幌のフェスのお衣装みたいに、
今日も危うくお腹が〜!?
っていうシーンがあったんだけど、
どこだったかなー。
(多分、すぐに動けかハイヤーラブのどっちか)

そして、空飛ぶエルヴィスのパンタロンスーツは
私のLINEスタンプにある「足の長さ5m!」をお送りしたい!!!
ほんとにスタイルよくって可愛くって、
赤?黄色?赤?黄色?って
この辺のくだりは、ずっとひーぼーにみえてたwww
一人百面相みたいにずっとぴえぴえしてて、ほんとに可愛すぎた………。


エルヴィスダンスのコーナー、
カロリー消費でかかったのか、
しばらく汗だくだったなあ…
ずっとあの可愛いおでこを見てられて幸せだったな。。。
と、2幕を見ている最中の
ハッピーな感情をおかずに
ご飯たくさん食べられるなぁ、と。
ただエルヴィスのシーン、
いのおくんは歌がほとんどなくて、
ダンスに集中モードでした。


繰り返しになりますが、やはり
ミュージカル歌唱とミュージカルダンスの
両立って難しいんだな、と。


ところで、パンフレットの中で印象的だったのが
上口さんと霧矢さんの
(ずっと)「何してんの?」
「ジャックの考えはいちいち浅はか」
というジャックのキャラクターというか
このミュージカル全体を的確に言い表しているな、とw
(すみません、上口さんの何してんの?には私が勝手に
「ずっと」を付け足しました。)


私は単純にいのおくんのファンなので、
ジャックに対して恋してるみたいな感じで
ずっと見ていられる舞台なのかな
と思っていたら、実はこのジャックが
私にとってはずっとのっぺらぼうの様でした。


どうして、ベッツィが彼を好きなのか?
マヒが本来はジャックを翻弄させる立場であるのに、
ハンサムな男の子と言って惹かれるのは理解できるw
って思ったけど、あんな出会って一瞬で、
(メンタル面を)救ってあげたい、手助けをしてあげたい、
みたいな気持ちにどうしてなったのか?
職業は何しているの?(映画は私立探偵)
この街が好きと歌っているけど、
住んでいるのはニューヨーク?
(これはI LOVE Betsy!の歌詞の中や、
 中盤で自ら明かされてるけど。)
ベッツィの年齢は自ら歌ってるけど、
ジャックは何歳?
結婚式のシーンに、甘さを取っておきたかったせいかもしれないけれど、
あんなにベッツイとラブラブ♡って冒頭に歌ってたのに、
いざ、2人のデュエットのシーンになったら、
ただ手をつなぐだけ???
もっとイチャつきのバリエーションはないのか?
って思ってた、というのは余談ですがw


心の底から湧き上がる、母性みたいなものが
ジャックからはどうしても生まれなかった(笑)
単純にいのおくんかわいいの母性だけが生きていた感じ。


それでも、いのおくんは2時間半以上、ジャックであり続け、
「見てくれてありがとう」って言い放ったその瞬間は、
100%の純度混じりけなしのいのおけいさんだったので、
しなだれ崩れそうになりました、ほんとにお疲れ様!!!!
大好きっ!!!!(いのおけいさんが)


ところで。2幕のハイライトの一つ。
マヒとの車のシーンで、頭の中で条件反射流れて、
え、高木くん?!?!って左右を探してしまった(笑)
さっきのラブ感情(態度)のバリエーションも、
高木くんから学んでくれw


2幕も、上口さんの「ずっと何やってんの?」という
フレーズがぴったりだったなぁ、とw
マヒの誘惑を受け入れた?受け入れていない?
どちらでも取れるような演出になっているのは、
一応アイドルである、いのおくんに気を使ったのかなぁ・・・?
(それは、1幕でのイチャイチャ度を抑えた部分も
 そうなのかな?と思わざるを得ない)
でも、2幕のぶっ飛び感は、すごく良かったです。
コメディとうたっているくらいなら、
これくらいやらなきゃって(笑)
前半、私の席の周辺からは笑いも、息を飲む音も
何一つ、客席のリアクションを感じられなかったんですが、
2幕は流石に、空から、
イラストの空飛ぶエルヴィスが降ってきたのには、
爆笑でしたwww


1幕を静、2幕を動(ベッツイの心の動揺の動でもある)とすれば
全体的に、緩急がある舞台だったんだろうな。
という解釈で残り5回の観劇を楽しめればいいな、って思っています!