読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4話〜考察 #そし誰

このドラマのキモはことの起こった前後関係だと思い、
検証記事始めましたが、公式に
時間軸が掲載されて、すごく整理されるようになりました。


普通の時間軸の中だったら、
昨日あったはるかと東京で偶然出くわす
なんていうのは、はて?ってなるわけです(笑)


今週も実は、はて?な時間軸がありましたので
少しずつ、振り返っていこうと思います!
時間軸は、公式みていただければ遡れるので、
思いついた次第でつらつらと。
と思ったら、公式さん、
はるかがなくなったのを7/9ってしているけど、
葬儀の看板に7/8 6時から通夜、7/9 9〜10時が告別式となってる
タイムパラドックスに気づいてしまった。。。
でも、これは、美術さんの誤りではないだろうか(笑)
全体の時間の流れ的には公式さんの、
流れであってるっぽい。


4話目は終わりの日から1日前というキャプションでスタート。
終わりの日は、1話で藤堂の時計が7/12を指していたことから、
この日が7/11であることがわかります。


ドラマの中で、この7/9〜10の2日間が
空洞な時間になっています...
4話冒頭、日下の家で目を覚まし、
もう3日だよ?と話していて、
日下が出かける時に、
鍵、いつものところにお願いします。
と言っているということは
家の外には出ていて、何か、
時間が動いているはずなんですよね…
何してたんだろう。
そして、この2日間のどこかで
(日下の家には雨の夜に拾われてから2泊3日と想像)
小山内の務め先に電話をかけている。


そして何も聞かないんだね?
って藤堂が言っているっていうことは、
日下は、いつどこで、藤堂が
パーソナルナンバー絡みの厄介ごとに巻き込まれている
ということを知ったのだろうか???
寺前と小山内の会話を聞いていたからか…
藤堂が、日下になりすまし被害のことを話しているのは1話のみ。
それ以外では、日下も、最近藤堂さん、なんだか大変そうですね。
と話している様子から、詳細は知らない模様。
なので、日下に、誰かが、藤堂の状況を語る者がいるんだろうなぁ
と想像しました。


そして、万紀子が、はるかの告別式に
藤堂が来ていないことを訝しがらないことがおかしい(笑)
まるでこれないことを知っていたかのよう。
そして、万紀子はやはり、はるかと通じていたし、
はるかは、なぜか、小山内と寺前との画策に
気がづいていたようだし。
そして、まだここ、藤堂のままなのね?
知っているわ、これは藤堂でも、違う藤堂新一なんでしょ?
の流れも、不自然。


はるかさん言ってたわよ
あなたのこと。信じていいかわからなくなってきたって。
なぜなら二億円の話しはあなたに話した直後に
ネットにリークされたからって。


…万紀子は一体何をしっていて何をしらないんだろう。


そいえば、L.E.Dのオフィス内が一瞬映ったんですが、
平砂は、以前、岩井を定時の後におそらく下心をもって
ご飯にさそっているのを岩井がいなしているシーンを
田嶋と五木が目撃していますが、
もしこれが自分自身の職場だったら、私だったら、
岩井に、かえるのかよwww
ってたぶん突っ込みますw


若干不自然に見えたあのシーンは、
実は、4話で黒五木が、2億円の隠し口座から
女が金を引き出していたというのは
岩井ではないかと推理しています(笑)
なんでそうなるかっていったら、
田嶋が岩井にむかって何も言わなかったということは、
そういう色恋のことを田嶋に相談するような
関係だったからじゃないかと…
まぁ、個人的な想像です、スルーしてください(笑)
ちなみに、タイトルバックのキャスト名とともに、
漢字の熟語が出ていますが、田嶋ことヒロミさんの箇所には【欲望】
と表示されています。
なんとなく動機も見えてきたでしょ、ほら(笑)
あくまでもなりすまし被害の件に関しては、
田嶋は無関係だと推測できるのは、
その部分に関して、藤堂へは中立の立場を保っているから。
逆にイレイズ関係の操作については五木は長けているだろうから
なりすまし分野は五木なんだろうなぁと思うと、
この部署の中でほえほえしてたのは、平砂だけって思うと、
日下さんいわく、「自覚のない悪意」を
藤堂はどんだけばらまいていたんでしょうね(苦笑)


さて本編に話しは戻って、
偽藤堂新一ってバカなのかなぁ???
全ての、藤堂の口座や、権利書類等など。
自分の物にしちゃえば、口座のお金だって、
土地の権利書だって、代理人を通して
なんとかなるんじゃないの???
そして、その買い戻しの値段が400万円って少ないだろwww
ってつっこんでしまった(笑)


そして、何より馬場さんのキャラクターが
猛烈すぎて最高です(笑)
俺人生逆に逆に行くことにしてんの、
とかwwww


2件目に入ってたクラブは、大昔に行ったことのある、
麻布十番のWearhouseというハコに似てるなぁ、、、
エントランス入ってすぐに、長い階段。
ステージとバーカウンターの位置など同じだなぁ
と思ったら、居抜きで新しいクラブが入ったみたいです。
同じ場所だったか、やっぱり。
そいえば、4話冒頭の藤堂の夢の中は、
鶯谷東京キネマ倶楽部というハコで、
遠い昔に、ライブを見に行きました。
多分、金メダル男のクランクアップシーンでも
同じ場所がロケ地で使われたかなぁって。
まぁ、余談でした。


そして小山内と西条の接触。。。


斉藤の事故。


日下との抱擁。


全部、これが7/11の出来事で、
ふむ。ここまで、怒涛のように、
追ってに阻まれていた藤堂が、
9〜10日の二日間、何してたんでしょう。。。
あの5話で藤堂が閉じ込められていたダンジョンを
懸命に準備していたのでしょうか?(笑)
それ考えると、日下さんのBARは、
シンクの感じを見ると軽食などを出している風にも見えないし、
仕入れといって朝早くから出て行くような店なのかな???
とか(笑)
そうしたら、夜の間中は、藤堂を監視しながら、
昼間は、好意の仮面で顔を隠して、
日下は、せっせとダンジョンづくりに向かっていたと
想像すると、はぁぁぁ、ドキドキするわー(笑)なんて。


とまぁ、想像ばかり膨らむ4話でした。


HPの構造からなんとなく、
全8話かなぁ、と想像しています。
そして終わりの始まりがドラマ全体のキーワードなので、
一旦5話で世界は終わって、また、6話から始まるんじゃないかなぁと
いろいろ想像したりしています。
そして、おそらく、日下さんは途中で脱落かなぁ。
全然、雑誌などで、撮影中のスチールなど
紹介されることもなくなっちゃいましたし…。


今週は日曜日がコンサートなので、
OA間に合うかなぁ。。。
27時間テレビの時に、公式さんが
リアルタイムで鑑賞くださいーーーー
と呼びかけていましたが、
今週もいのおくん担への呼びかけ、ありますかね
その辺も含めて注目ですね(笑)