読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SIU

最近のアイドルはこんな直喩的な
えっろいうた歌うんですね笑。
正直YESを聞いた時も
びっくりしたんですよ笑!


キンキちゃんのうたではギリギリ?
君の脱ぎ捨てた色とりどりの
服の波間へと沈めば風の微かな匂い
っていう歌詞があるんですが
(このまま手をつないで[1998])
キンキちゃんですと、このレベルですよ笑???
まぁ、行為は想像できるんですが
何よりそれより、ただただ、
美しい単語の並びの方に
気をとられるんですよ!!!
さすが、松本隆先生///
(ごめんなさい、ただファンなだけw
ちなみにサウンドはまがいの先生で、
未だにこの曲を超えるジャ二曲に
まだ出会えてないです!)


なのに、SIUはもう無理でした。
それ以外の何物にも置き換えられない、、、
や、受け取り方によっては、さ?!?!
目的地はfutureは、自分自身との葛藤かな?とか?w
君の思うままに、の”君”を自分としてみたら?w
自分を壊して、他人に素顔を見せて、
もっと行動的に、アクティブに弾けろ!
って?w
1コーラス目の別解釈はギリできなくはないけど…w


2コーラス目の一線を越えた君は
こんなにもセクスィという薮くんの声で
すみません、もう無理でしたって降参しました笑。
想像力が乏しくて、申し訳ない。
悪足搔きせずに認めると、
私にはもうこの曲がエロい曲にしか聞こえません。


はい、開き直りました笑!


まぁ、そういう歌詞とかのことは置いておいて、
サウンド面について。
私が青春時代に好きだった某バンドは、
ちょこっと編成が変わってて、
シンセvo.、ドラム(凄腕)、ギター(繊細な人w)の3名に
サポートのシンセベース(破天荒)といった4人編成のバンドで、
SIU聞いてると、そのバンドの
パワーあるシンセベースを思い出して、
ニヤニヤしてしまいます。
チャカチャカした全体的にエレクトリックなサウンドも雰囲気似てるし!
(いま、エロクトリックって書いちゃったじゃん!!)
ものすごいノスタルジーです笑。


ものすごいノスタルジーといえば、
ここのところ、いのおくんが、
学生服を着たり、めざましで高校にお邪魔したりして、
いのお内ノスタルジーが渦巻いてる近頃ですが、
らじらーとかでも時折、
とにかく過去を懐かしんでる様子なので、
思い出迷子タイプなのかなぁとか、
想像して楽しんでました笑。


よく言えば、
いのおくんは男性にしては珍しく、
エモーショナルな記憶が
記録に繋がってるタイプなのかなぁ。と。
長いアイドル活動の中で、
激しく感情が揺さぶられることも
きっと多かっただろうと想像容易いし、
そんな特異な時間軸の中で
それらを基点にして、
限りなく線に近い点として
記憶をしている方なんじゃないかなぁ。
と、先日のJUMQの解答を見てて思いました。
勝負弱いいのおくんですが、
きちんと取るところは正解してるんですよね笑。


勝負弱いなんて、言っちゃいけませんね。
JUMPのメンバーに選ばれたこと。
8年走り続けてくれて、いま、輝きを
より広い層に届けようとしてくれている、
その奮闘っぷりは強さ以外の何物でもありませんから。


歌番組の感想はまたね。