読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

制作解放席についての覚書20150726

実は新規名義、本人名義の第一希望で申し込んだ
仙台が外れてしまっていたのですが、
まさかの7/20(月)の正午過ぎに、
コンサート事務局より、
自分の名前入りのメールが届き、
まずビビりました。


詳しく内容を読んでみると、
制作解放席の申し込み方法についてでした。
1.宮城公演に落選した方の中から、
抽選でこのメールをお届けしています。


2.支払い方法はカードのみ。
当選と同時に引き落としとなり
キャンセルは不可。
事務手数料が280円かかります。


3.当選発表は7/24(金)夜、
当選メールをお送りします。


メールの内容はだいたいこんな感じ。


申し込みを済まして、
金曜日、定時であがるつもりだった仕事が
終わらずグズグズ会社で作業をしていたところ、
携帯番号にMMSが届きました。
抽選結果をご覧ください。とあり、
えええ、コン事務がこんな、
手厚い、丁寧なサービス???ありえんw
とおもって、手順どおり、結果を見たら、
当選しておりました、えええええ?!
その後、20分後くらいに当選のメールも届き、
内容を確認しました。


1.チケットは当日引き換え


2.開場時間より、顔写真入り身分証、会員証、
メールの提示を、コン事務カウンターでしてください。


そして迎えた当日です。


引き換えをして引いた座席は、最下手笑
この展開は、先日のカラフトおじさんの、
最上手、2階席1列目を思い出しました笑。
本当にJUMPってば、
長年事務所のファンしてますが、
初めてづくしのことで飽きません、本当に。


他の席種に制作解放席があったかは不明ですが、
もし、私が座っていたブロックの
対岸だけであったとすると、
おそらく30席程度の枠だったのではないかと
予想されます。
貴重な体験でしたので、参考までに、
記録しておきます。
じょえ