読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

導入部

ことの始まりを振り返ると
いささか、入りくんでいるかのようで
ただただシンプルだった気もするんだけど。



1994〜2004年、強火のキンキヲタで。
2004年にジャニヲタ卒を果たして以来、
2010年の春頃から、非ヲタが嵐がスゴいと
Twitterを中心にざわついてきた事を感知した。
(MステでのTroublemakerとMonsterのパフォーマンスが話題になっていた)
そして、2011年の冬に、興味本位で嵐ヲタの友人宅で、
君と僕の見ている風景-Studiam-を見たことで
うっかりはまり込んでしまい、ファンクラブに入り、
運良くその年の9月に国立競技場でのコンサートに参加した事により、
自分の嵐ヲタの道(ジャニヲタ再始動)はスタートした。


でも嵐についてははっきりと、このときに好きになった!
といった記憶がなく、ヲタ活動進行中に、
こういった記録を作らなかったことを後悔したので、
今回はその機会を失いたくないなって。



事の起こりは2013年の夏。
その数ヶ月前に1年半ほどつきあった彼氏と別れ、
仕事場と自宅を行き来するだけだったある日、
家のすぐ近所で、テレビドラマの撮影を見かけた。
当時放送していた、”ぴんとこな”で、
主要出演者がカメラテストをしてますが、
私はそのキャストがわからない(苦笑)
(嵐ヲタと彼氏が同時進行だったので、かなりぬるめなヲタであり、
KAT-TUN以下のデビュー組の顔名前が一致していなかった。)
せっかくロケを見たのに、わからないのは勿体なかったなー。
と思い、キスマイBUSAIKUを見始めたのがこの頃かな???
(ちなみに、時間が月曜日に移ってからは見られてないです> <)
それでも、未だに千賀くんと二階堂くんの区別がつかない・・・(笑)


このことがきっかけで、
ジャニーズの若い子たちにも目を向けてみるか。
って感じになったのと、
そしてこれも同時期に、
エポックメイキングな出来事があり、
当時放送されていた半沢直樹というドラマにすっかりハマってしまったのだ。
そして、半沢の後輩の中西くんかっこいいなー。
とインターネットでググったことにより、
Hey!Say!JUMPのメンバーであることを知り、
ドラマを見ながらあんぐりした記憶が。


わたしにとってJUMPと言えば、山田くんと、
あんなにちっちゃかったヤブヒカがデビューしたのか!
という認識だけしかなく、9人もメンバーがいたことを
このとき初めて知ったし、Jr.時代、顔も名前も知らない子達が
デビューして6年も経っていることに驚いた。
それもそのはず、私がヲタを離れてから、
メンバーの半分が入所しているのですからね(笑)
そうしてHey!Say!JUMPと出会ったのが始まりでした。




嵐で担当を決めないで、フラフラしてたのは、
こういうことだったんだね。
って(友達に)言われた(笑)


こういうことというのは、
転がるようにおジャンプに落っこったから笑。


それでも、ありゆといのひかの四人以上に絞れないですけど…(笑)


(Come on a my House)PVで、
ありいのの二人並んだ時のバランスが素晴らしく、
元デュオ担当として、すごくいい!
と思ったことを覚えてます。
(2013年12月頃の出来事。)


そして、PVのメイキングでなんとなく進行をしたり、
いののウサギ?の被り物での迷走を、裕翔くんの浅い笑いのツボで
フォローしてあげてたのにぎゅんぎゅんハートを捕まれました。


そこから(ファン熱のブレイクまでに)1年間ブランクがあるのが謎?
あー、秋口はLoveコンの札幌遠征があったからかな?
次のターニングポイントは2014年の3月、HDDレコーダーの導入。
その時期、無職でテレビも雑食的になんでも見ている中、
木曜ヒルナンデスのヒナ横レギュラーを楽しみになっている自分がいました。


そのヒルナンデス火曜日レギュラーに
ありひかが決定したことをツイッターでしり、
それ以来毎週ヒルナンデスを見るようになりました。
(HDDレコーダーって、録画や編集が簡単で、VHS世代には感動ものでした!)
そこから、ジャンプメンバーの中でも、
アリヒカが特別な存在になっていきます笑。


一方、それまで嵐のメンバーでは
なきむしの二人を行ったり来たりしてたのに、
Loveコン以来、桜井さんにデレたり、
春になり、弱かてで二宮さんに、
夏が来てbrastでメソメソしてた大野さんと嵐に対して
満遍なくデレるようになってしまい、
いよいよ担当が決められない…
という局面を迎えておりましたw


(中略)


このTL(Twitter)で、おそらく、私が初めて
担当という言葉に触れたのは、
たしか、2014年の(ジャニーズ)楽曲対象の時だったと思います。
嵐から自担選べないので、(Hey!Say!Jump)有岡くんと答えました。
といった文節だったと思いますw


担当ってなんなんでしょう?
何があっても揺るがない好き?
どんなに迷っても、自分が戻って来る場所?
(そのときのブーム???)

ついに、2015年1月1日に
Hey!Say!JumpのFCに入会しました。
どなたのファンですか?と
ファミリークラブのお姉さん(おそらく一回りくらい年下w)に対して、
有岡くんですと答える通過儀礼も果たしましたw
でも、ここでぶち当たるのは、
私は有岡くん担当なのか?というところ。


2015年4月11日、twitterでこのようにつづってました。
この頃にはもう、JUMPについて語りたくって仕方なくなってて、
少しずつ自分のtwitterをさかのぼったりして、
どうやってJUMPファンな気持ちが
自分の中で生成されてったかをふりかえったりしてた。
(もう気持ち悪い!!!)



twitterのつぶやきを見ていると、
2014年の夏の時点で、ウィークエンダー、明日へのエール、
そしてヒルナンデスがきっかけで、有岡くんへの熱があがっている様子。
夏場の水球ヤンキースは見たり見なかったりしていて、ムラがある(笑)


そして夏から秋口にかけて、
アリイノ好きのテンションがおかしくなってる(笑)
おそらく、11月はリトル東京ライブ2回の
ジャンプ出演回に伊野尾くんが
出演していたせいだと思う。
嵐の時もわかりやすく私の気持ちは
露出に比例するところある。(ミーハー笑)
そして12月の末日に、もう祝うほどでもない自分の誕生日があり、
その日に、この年はありおかだいきに落ちた一年だったのでは、
と振り返っている。


FCに入った1月、JUMPゴトがまた大きな山場を迎えた。
それは、デート〜恋とはどんなものかしら〜の我が家での大ブームメント!
母と毎週楽しみにドラマを見ていたら、後半、
一般の友人もドラマを楽しみにしている、といった
twitterの反応を見かけるようになり、
もしかしてJUMPのブレイク前夜なのかも・・・なんておもったり
鷲尾くん熱は覚めやらず、この頃から寝ても覚めても
JUMPの事を考えるようになっている自分がキモイ・・・


2月はsmartコンDVD発売、3月は鷲尾ロスを経て、
せんせーションズリリース、暗殺教室封切り、
4月は24時間テレビパーソナリティーの発表、
イノヒカラジオのスタート、Chau♯リリース
止まらずわくわくしていられる気持ちが
すっかり、くせになっChau♯わけで(・・・キモイ)


そして5月、ついに、JAMPファンを始めて
最も大きな事件が!!!
事の発端は4月の終わり。
友達から、雑誌買うのを解禁してるね!!!
と突っ込まれたことで、気がついたら、
伊野尾くんのカラフト伯父さんの露出を
一つ一つ追っかけている自分がいた。
●TV GUIDE PERSON vol.32
●NYLON 6月号
●With 5月号
●an・an
●サタジャニ
CanCam 6月号
●S Cawaii 6月号
●QLAP! 6月号
これでも選んでかったんだよ・・・お、、、恐ろしい・・・
そしてその露出が、私自身をグローブ座に足を向けさせた
大きな要因の一つとなっていることがまた興味深い。
そして、たまたま予定のあいていたGWの5/2、ついに行動を起こす。
http://d.hatena.ne.jp/syncream/20150502


初現場が伊野尾くんの舞台だなんて誰が想像してた?
少なくとも、1/1にファンクラブに入った私自身が想像してなかった(笑)


このGW、各地で、ジャニーズタレントのコンサートが実施されており、
NEWSのコンサートに行った友人が、骨抜きになって帰ってきて、
「現場怖い」と言っていた意味が、今になってわかる。
舞台へ行った丁度直後に友人と合う機会があり、
誰の担当になるのかなぁ?と聞かれ、
そのときに伊野尾くんは確かにスターで、アイドルで、
それでも、舞台の上では、見まがうこと無く俳優で、
素晴らしかったことを伝え、
それでも、担当とかそういう感情とは違うかなぁ?
と冷静に話していた。


それから約一ヶ月が過ぎようとしている今、
気持ち悪いくらい伊野尾くんの事考えてるんですが、
この気持ちはなんだろう。っていうのが今の所です。
コンサート行けば、はっきりわかるんじゃない?
とも友達に言われたので、仙台まで、自分の感情を持て余すのが
たのしくてつらいし、ほんとさっぱりわからんす!!!!!